言葉の力

本当に悩んだときに、自分を助けてくれる言葉があります。

 正範語録

 実力の差は努力の差
 実績の差は責任感の差
 人格の差は苦労の差
 判断力の差は情報の差

 一生懸命だと知恵が出る
 中途半端だと愚痴が出る
 いい加減だと言い訳が出る

 本気でするから大抵のことはできる
 本気でするから何でも面白い
 本気でしているから誰かが助けてくれる

出典は不明ですが、いつも私に勇気を与えてくれます。
よ~し!とにかく一生懸命に取り組もう!本気で向き合おう!って、、、
弱い自分を奮い立たせてくれる言葉です。

実力がないのも、人格が足らないのも、判断力に乏しいのも・・・
すべては自分次第!
愚痴や言い訳をしているうちは、一生懸命やってない証拠なんです。
大きな壁にぶつかって、立ち止まってしまったら、本気が足らないんです。

ある意味、本当に厳しい言葉ですね。

厳しい言葉といえば、私の愛してやまない福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長の言葉が思い浮かびます。

 努力は必ず報われるもの。
    かなわない努力があるならば、それは努力と呼べない。

この言葉を聞いたときは、私はまだ努力をしたことがないと思ってしまいました(汗)

しかしながら、やはり弱い人間ですから、なかなか続かないものです。
そんなときは、息抜きもとても大切と思いませんか?
心に栄養を与えないと、努力もできないですよね~(これが言い訳なんですが)

私は心に栄養を与えるときに大切にしている言葉があります!
中国の格言のようですが、

 一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
 三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
 八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。
 永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。

私は永遠に幸せになりたいので、釣りに行きます!
私の心の栄養のために。

長濵善博